催物情報
施設紹介
利用案内
交通アクセス
お問合せとFAQ

催し物

Solo collectionを開催しました


寒い日が続いていますね。
皆さんいかがお過ごしですか?

昨日、レジデントアーティストSpecialとして、無伴奏作品のみを取り上げた「Solo collection -フルート・ヴァイオリン・サックスで奏でる無伴奏作品の数々-」を開催しました。

出演はレジデントアーティストの有田紘平さん、椿義治さん、そして今年からレジデントアーティストアドバイザーの高瀬真由子さん。

3階の音楽ホールは客席が100席しかなく、舞台と客席との距離が非常に近いのが特徴です。
今回の公演企画が上がった時、多くのお客様に聴いていただけるよう4階ホールでの開催も考えたのですが、レジデントアーティストの皆さんと相談する中で、小さな空間で演奏者が一人きりで孤独に音楽に向き合う姿を感じていただけるのはホールより音楽ホールではないかという話になり、100席のみの音楽ホールでの開催となりました。

第1部はバッハの無伴奏の世界。

無伴奏作品を多く作曲しているバッハを取り上げ、フルート・ヴァイオリン・サックスでそれぞれの音色の違いを感じていただきました。


無伴奏フルートのためのパルティ―タ <有田紘平>
DSC_8825










無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番 <高瀬真由子>
DSC_8832










無伴奏チェロ組曲第1番 <椿義治>
DSC_8838










第2部は、それぞれの楽器の個性を生かした作品を取り上げました。

最初はフルートの有田さん。
6つのディベルティスマンOp.68よりNo.6/クーラウ
シリンクス/ドビュッシー
イマージュ/ボザ
DSCN1238










続いて、サックスの椿さん。
3つの小品/シェルシ
ワルツ形式によるカプリス/ボノー
DSCN1275














ラストはヴァイオリンの高瀬さん。
無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番「バラード」/イザイ
DSC_8878










循環呼吸や特殊奏法など、技巧的な部分も多いプログラム、かつ舞台上にはたった一人、という演奏者にとってかなりハードな公演でしたが有田さん、椿さん、高瀬さん共にとても素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

たった一つの楽器の音に耳を澄ませるというのは、聴くのもかなりの集中力を必要とします。

満席のお客さんの演奏に対する期待感と集中力、そしてアーティストの張りつめた緊張感。
今までのレジデントアーティストシリーズとは一味違った公演となりました。

今回出演の3名が出演するレジデントアーティストシリーズはまだまだ続きます。

今回の公演を「見逃した!」という方も、お越しいただいた方も、今後のレジデントアーティスト公演を是非お見逃しなく!!


[サルビアホールスタッフ あずサール]


<今後のレジデントアーティスト公演>
2月21日(土)Fantastic Saxophones! 出演:椿義治
3月7日(土) 音楽×手影絵     出演:有田紘平・椿義治・青山瑠美子・大貫夏奈・田嶋謙一・劇団かかし座
4月25日(土) 鶴見でOPERAと恋に落ちる Vol.2 出演:椿義治・高瀬真由子
5月30日(土) Oh France music! 出演:有田紘平・青山瑠美子
6月13日(土) 和魂洋才 出演:有田紘平・椿義治・田嶋謙一

施設紹介

Copyright © 2016
Tsurumi arts center Salvia hall
All rights reserved.
催し物